パッケージデザインが凝っている

東京は日本一の観光都市ということもあり、東京土産には力を入れています。特に、パッケージデザインにはかなり力を入れて、他の地域では見られないような優れたデザインが目に付きます。例えば、東京駅の赤レンガ駅舎をデザインしたパッケージは、ひと目で東京のお土産であることがわかるので、様々なメーカーが好んで採用しています。例えば、老舗和菓子店では、東京駅でしか購入できない羊羹のパッケージデザインに赤レンガ駅舎を採用しています。

東京駅で気軽に買うことができる

ターミナル駅である東京駅では、お土産屋さんも充実していて、東北や東海地方、そして北陸方面へ行く新幹線の乗り換えの際に、気軽にお土産店に立ち寄ることができます。価格帯も500円から数千円と幅があり、用途別に選ぶことができる選択肢の多さには定評があります。ちょっとした取引先の手土産にも、東京土産は喜ばれるといいます。中には東京銘菓だけでなく、地方の名店が出店するケースもあって、とにかく種類が多いです。

手頃なので会社のバラマキ用にぴったり

東京土産は値段が手頃なだけでなく、一つ一つが小分けになっているものが多いため、会社のバラマキ用のお土産に最適です。特に、出張帰りのサラリーマンやOLなどをターゲットとした商品を数多く取り扱っていて、どちらかというと女性向きの焼き菓子の取り扱いが多いのが東京土産の特徴です。個包装になっているので、オフィスで仕事をしながら気軽に食べることができます。また、一箱に8個前後の商品が入っているので、職場で気軽に配ることができます。

カンパネラは口に入れると濃厚なチョコやココアの味に包まれて、ビターで上品な味わいです。サクサクなラングドシャも魅力。エメラルドグリーンのオシャレで上品な箱は、都市の空をイメージされたものだそうです。