紙巻たばこと電子タバコの健康面での違い

紙巻たばこでは幾つかのリスクがあるため、喫煙の際は若干の注意が必要です。一つは燃焼の過程で出るタールで、黄ばみ汚れなどが染み付くのはこれが原因となってます。また肺が黒くなってしまうのも体内に蓄積したタールの影響です。この点において電子タバコでは薬液を電熱で蒸気に変えてそれを吸引する形の喫煙になるためタールは発生しません。また吸引口からのみ煙が出るのも紙巻たばことの違いで、同席者に受動喫煙をさせてしまうリスクを減らすことができます。

紙巻たばこを吸うと多くの人が陥ってしまうものにニコチン中毒があります。こちらは電子タバコでもニコチンリキッドを個人輸入することでニコチン摂取が可能ですが、国内で販売されている電子タバコ用のリキッドはニコチンが入っていないため、健康被害のリスクがなく安心して喫煙することができます。

紙巻たばこと電子タバコの利便性の違い

紙巻たばこは吸った後に吸い殻というゴミが出るため携帯灰皿が必要ですし、喫煙中に出る灰も落とさないように注意する必要があります。電子タバコではそういった灰や吸い殻などのゴミが出ないため、灰皿などが不要です。ゴミを持ち歩くのが気になってしまうという人におすすめできるでしょう。また電子タバコにしか出来ない事に、リキッドの調合があります。複数のリキッドを混ぜ合わせて使用することでより自分好みの味に微調整することが可能で、決まった味ではなく様々な味を試してみたい人にはメリットの大きい喫煙方法になります。

vapeのおすすめリキッドを探す場合、好みのフレーバータイプを選びましょう。メンソール系やスイーツ系も人気があります。