年末年始やお盆の帰省に最適な和菓子

お盆や年末年始に実家に帰省をする場合に最適となるのが和菓子です。古くから日本人に馴染み深い和菓子は、高齢の方も食べ慣れているので安心して渡すことができます。東京には古くからの歴史を持つ和菓子の名店も多いので、比較的探しやすいのも理由の一つです。身内へのお土産の場合、高額過ぎてしまうと逆に気を使ってしまうため、2000円前後の金額で選ぶのが最適と言えます。和菓子は1個単位で販売されている物もありますが、バラ売り物を手土産として渡すのはマナー違反になるので注意が必要です。親しき中にも礼儀ありという気持ちを忘れてはいけません。

職場で配る時に最適な洋菓子

地方在住の人が東京に出張や旅行をした時に頭を悩ませるのが職場へのお土産です。職場は若年層から年輩まで年代が幅広く分かれているため、特定の世代に合わせてしまうと角が立ってしまうこともあります。そのため、どの世代でも食べやすいクッキーを始めとした洋菓子などが最適です。購入する時は従業員の人数に合わせるのが基本ですが、販売されている個数と人数が一致させるのは困難と言えます。その場合は、少し多めに買って余りを自由に取らせるようにすればトラブルが起こる心配もありません。身内へのお土産と同様に、費用は2000円前後が目安です。

親しい友人や恋人に最適なお土産

大切な恋人や友人へのお土産は値段よりも見た目のオシャレさにこだわるのがポイントです。大都会ならではの若者に流行の銘菓などを送ると喜ばれます。とはいえ、値段は気にする必要はないと言ってもあまりにも安過ぎる物は失礼になるので、1500円程度が目安です。

campanella eとは、東京カンパネラが新しく立ち上げた新ブランドの名前です。その斬新でユニークなアイデアが魅力です。