ワインディングマシンを使って保管する

機械式時計は基本的に使い続けている方が時計の精度が安定します。しかし、何本も機械式時計を持っている人は気分によって時計を変えたいものでしょう。TPOに応じて腕時計を使い分けている人も、数本の時計を使い回しているケースが多いです。このように機械式時計を使わない日がある人は、ワインディングマシンを使うのが効果的だと言えます。何も使わずに機械式時計を置いておくと針の動きが止まるケースがあり、時計の精度が悪くなります。しかし、ワインディングマシンを使えば定期的にゼンマイの巻き上げ作業を行ってくれます。ワインディングマシンを使って巻き上げ作業を行っておけば、時計の精度が落ちる心配はないでしょう。

時計専用の保管ケースを利用する

機械式時計の保存状態を良好なものにしようと考えているのであれば、時計専用の保管ケースを用意するのが良いでしょう。時計専用の保管ケースを使うことで、ケースや風防だけでなくベルトや留め具を傷付けずに済みます。時計専用の保管ケースは湿度やホコリ、衝撃などに強いため、機械式時計が劣化しにくくなるでしょう。

保管場所は磁気のない場所が好ましい

機械式時計は磁気に弱いです。そのためスマホやテレビといった磁気を発しているものの近くは避けるのが重要になります。磁気のある場所に保管してしまうと時計の精度が落ちる可能性が考えられるので注意が必要です。湿度が低く、日光が当たりにくく、磁気の発しない場所が保管場所として適しているでしょう。これらの条件をクリアできる部屋がない場合は時計専用の保管ケースを用意しておくのが良いと言えます。

オーデマピゲは、世界三大高級時計メーカーの1つとされているスイスの時計・宝飾品メーカーのことです。本社は、ル・ブラッシュにあります。