電子タバコやvapeってどんなもの?

近年コンビニなどでは普通のタバコのみでなく、加熱式タバコも見かけるようになりました。なんとなく電子タバコは加熱式タバコと同じだと思っている人も実はそう少なくないのではないでしょうか。しかし、実は電子タバコやvapeと呼ばれるものは、普通のタバコはもちろん、加熱式タバコとも全く違います。電子タバコは煙ではなくフレーバーを付けた水蒸気を吸うタバコ、携帯式の水タバコに近いものなのです。

電子タバコのフレーバーとは?

電子タバコはリキッドというフレーバー(風味)を自分の思い通りに選ぶことができます。リキッドは沢山の種類があり、通常のタバコフレーバーのものから爽快感のあるミントフレーバーや、食後の一服にもなるコーヒーフレーバーなど気分に合わせて変えることができるのです。フルーツやお菓子のような甘いフレーバーのリキッドもあり、その多彩さが人気の要因となっています。また現在日本は薬事法により液体ニコチンの販売を禁止されているなどの事情から、電子タバコはタバコよりも含まれる有害物質が少ないという特徴もあるのです。

電子タバコの販売場所とは?

電子タバコはタバコ屋さんや雑貨屋さんなどのバラエティーショップ、もしくは通信販売で購入することができます。煙の多い、吸い心地がしっかりしたタイプや、見た目重視のポップなものなど普通のタバコや加熱式にはない楽しみ方が可能です。フレーバーリキッドも沢山の種類があるため、お茶で気分転換するかわりに電子タバコを吸うといった新たな趣味が開けるかもしれません。

ニコチンリキッド」は国内での販売は認められていませんが、個人輸入で入手することはできます。また、好みのフレーバーのものに混ぜてニコチン入りリキッドを自作できる、という製品もあります。