掲載商品の価格帯で選ぶ

カタログギフトは価格帯別にさまざまな種類があります。価格の安いものなら3,000円未満、高いものなら5万円以上のカタログギフトもあります。5,000円から3万円くらいの価格帯でカタログの種類が豊富です。予算の範囲内でさまざまな種類からセレクトできることはカタログギフトの大きな魅力の1つです。

ブランドの種類で選ぶ

カタログギフトの中には、特定のブランドの品のみ掲載しているタイプなどもあります。さまざまなブランドの商品がラインナップしているカタログギフトを選ぶ方法もありますが、もし贈る相手の好きなブランドがわかるなら、そのブランド専門のカタログを選ぶのも良いでしょう。

掲載商品のジャンルで選ぶ

カタログギフトは雑貨・生活用品・ファッションアイテム・食品など、さまざまなジャンルの品が掲載されており、そのバラエティの豊かさが特徴の1つです。さらに、食品を集めたもの、ファッションアイテムを集めたものなど、特定のジャンルの商品に特化したタイプなどもあります。また、旅行・アクティビティなど体験ギフトに特化したユニークなタイプも。贈る相手の好みに詳しい場合は、このような特化型のカタログを選ぶのもおすすめです。

お祝い事にちなんだタイプを選ぶ

カタログギフトがよく用いられるシーンとして、結婚式の引出物や出産の内祝いなどがあります。そして、このようなお祝い事にちなんだタイプのカタログも販売されています。お祝いの贈り物はマナーも関連してくるので、何を贈れば良いのか悩む方も少なくありませんが、このタイプのカタログを選べば安心ですね。

内祝いとは、出産祝いなど、お祝いをいただいた方にするお返しのことです。紅白のしに内祝と書いて渡しましょう。